【口コミを参考に】包茎手術の第一歩を踏み出そう!【Lower Body Complex】
HOME>記事一覧>【口コミを参考に】包茎手術の第一歩を踏み出そう!

包茎治療の種類

下半身

包茎治療には大きく分けて2種類あります。1つ目は包茎手術です。手法は色々ありますが、クリニックによって特殊なものを取り入れていることもあります。2つ目は包茎矯正器具を使う方法です。下着につけるものやペニス自体に装着するものがあります。日常的に亀頭を露出させて包皮を慣らしていく方法です。

手術のメリット・デメリット

下半身

包茎手術は相談してその日のうちに手術ができる医院も多くあります。手術自体は1時間程度で終わるものですので、思い立った時に手術を開始できるメリットがあります。また、医師に相談しながら治療ができますし安全性も高いのが特徴です。しかし、矯正器具に比べ費用がかかることや傷跡が残るリスクもあります。最近では傷跡が残りにくい糸を使用したり、見えにくい場所を切開する方法もできています。

矯正器具のメリット・デメリット

矯正器具は手術に比べて費用がかからず、どこでも治療ができるのがメリットですが、効果が出るまでには時間がかかりますし効果は人それぞれです。医学的根拠に乏しい商品も売られていますので、効果のほどに疑問もあります。また、銭湯や公衆トイレ等に行きにくくなるという声もあるそうです。製品の口コミ等を参考にしてみましょう。

手術後の対応

手術後は包帯を巻いて帰宅します。包帯の巻き方も医院で指導してもらえます。また、排尿はできるように巻きますのでトイレでも安心です。また、入浴やシャワーはは当日はできませんが、翌日からシャワーは可になります。入浴が可能になるのは2週間後になりますので、旅行等の予定がある方は気を付けましょう。また、スポーツも1ヶ月後から可能になります。手術後は、激しい運動は避けましょう。また、同時に性行為も可能になります。